Skip to content

借金返済中に本人が死亡したら

今、借金を抱えて生活している方。
「自分が死んでしまったら、この借金はどうなるのだろうか」と考えたことはありませんか。
借金返済中に本人が死亡してしまった場合、条件により様々ですが、以下のようなケースが考えられます。

まずは相続人が借金の返済を受け継ぐというものです。
借金は、いわば「マイナスの財産」ですが、本人が死亡した場合には、この「マイナスの財産」も相続対象になります。
貯金や不動産などの「プラスの財産」だけを相続するわけにはいかないのです。

もしプラスの財産とマイナスの財産を相殺して、結果マイナスとなるような場合には、自分の生活にも悪影響を与えることもあります。
その場合には、「相続を放棄」するという手段もあります。
相続を放棄することによって、プラスの財産、マイナスの財産両方の相続を自分は引き継がないことになり、借金の返済を行う必要もありません。

次に借金の連帯保証人となっているケースです。
基本的には相続によって借金を引き継ぐ方がおられれば、そちらに返済義務が生じます。
しかし相続人がいなかったり、先の相続放棄を行い返済に応じない場合には、連帯保証人に返済請求がいくことになります。
連帯保証人は、債務者本人が払えない状況になった場合に、代わって返済義務を負う制度です。
これには債務者の死亡も条件に入っています。

債務者が死亡しても借金は残ります。
誰かが代わりに返済義務を負うことになりますので、死んでからも迷惑をかけることのないようにしておきたいものです。

借金返済マイスター|債務整理にオススメな弁護士の選び方はこちら

Comments are closed.