Skip to content

ファクタリング契約の仕組みについて

ファクタリング契約には大きく分けて2種類の方法が存在しています。事業資金の不足を補うために売掛金を現金化する仕組みをファクタリングと言うのですが、売掛金を持つ会社とファクタリング業者の2社間で全ての手続きを行うのが2社間ファクタリングといいます。一方で売掛金の対象となる会社を巻き込んだ3社間ファクタリングと言う手法も存在しています。この2種類のファクタリング契約のどちらかを選択するケースが多いのですが、一般的には2社間で全ての手続きを行う選択をしています。
2社間ファクタリングのメリットは相手先の企業に資金繰りに問題があると言うことを開示する必要がないという点が最も大きいです。相手先を含めたファクタリングの契約を結んだ場合には、ファクタリング業者は売掛金を支払う業者から直接支払いを受けることもできます。しかしそれでは相手の信用を失ってしまうことになるため、あえて相手を絡めない2社間でのファクタリング契約が採用されることになるのです。
この仕組みについてしっかりと理解することによって一時的な事業資金の不足を解消することができます。このような仕組みを上手に活用することができるように知識としてファクタリング契約についての流れを理解しておくことが大切です。ファクタリング契約については、現金化を行ってもらう業者を選択することができますので、それらの会社としっかりと状況を検討した上で対応することが大切になります。

Comments are closed.